​© 2017 Aruna Byers, Awakening Coach

 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

Satsang schedule:  Please make a reservation

   

July 15 (Sun.)   Dendo Juku Ctr., Mita Bldg., Meguro  1:30-3:45   3,000 yen

July 29 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi  2:30-4:45    3,000 yen

August 11 (Sat)   Dendo Juku Ctr, Mita Bldg. Meguro  

August 26 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi

Being Awake 覚醒した状態

August 24, 2016

 

English follows:

覚醒により究極の真実を知った人には、真実と真実でないものを識別することができます。これは覚醒した人と、自らのマインドが作り出すストーリーにはまって、“知らないでいる”状態の人との根本的な違いです。

 

覚醒のプロセスの中でエネルギー的な変化が体に起こったとしても、スピリチュアルアウェイクニングは体に起こる物理的な体験ではありません。例えばアウェイクニングによりクリアな意識になるというシフト以上に、体に起こるクンダリーニなどの上昇が重要だということはありません。私の周りにも、クンダリーニの完全な上昇という経験があったとしても、覚醒はしていなかった人がたくさんいましたーなぜならその経験を“個人のもの”として捉えていたからです。

 

どのように覚醒が起こったかということにこだわるのは、マインドのパーソナルストーリーを、新たに加える材料となるにすぎません。スピリチュアルアウェイクニングとは、自らがこの世界を経験する主体であるという意識や、今まで信じてきたこの世界の見方から完全にシフトするということであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

覚醒している状態の唯一重要なシフトは、覚醒前にこの体を支配してきたエゴに対して起こります。覚醒によって明らかになる不真実に気づき、手放していくことが、私が“ディープニングプロセス”と呼ぶ覚醒した意識を広げていく過程になります。この体に起こった新たな意識を深めていくために、人生での個人の物語は続いていきます。真実でないものが現れた時にそれに気づく能力を深め、真我にサレンダーする(明け渡す)ことにより、体の反応に対するマインドの影響を手放していくことになります。私たちが演じているこの人生での役割が、覚醒した意識を拡げるためのさらなる機会をもたらしてくれます。覚醒したティーチャーがこの過程にいるということはかけがえのないことです。覚醒して間もなく、新たな意識が十分に深まっていない人にとって、体や覚醒に関する、ストーリーとの同一化にはまってしまうのは自然なことです。覚醒している適格なティーチャーとともにあることは、この段階においてエゴの影響を手放すプロセスを和らげるとともに、加速させます。

 

覚醒にまつわる誤解

 

覚醒した状態というのは、人間としての特徴を持つ体から自らを切り離し、いわゆる“ゾンビ”のように生きるということではありません。実際のところ、真実だと思っていた個人のストーリーをマインドが信じていた頃に比べ、覚醒後にはより生き生きとして、人間らしく、より魅力的になります。しかし中には、覚醒によって手放された虚構の他に、覚醒をマインドの新たなストーリーとして作り上げてしまう人もいます。その時、これまで人生の“ディレクター”(監督、支配者)であったかつてのエゴマインドが、スピリチュアルエゴに進展してしまいます。より“覚醒している”(と自らが思っている)としても、それはまだ体による架空のディレクターに過ぎません。このような状態にある時、自らの信頼性を高めるために、「私は知っている…」とか「私はこういう存在だ…」などという発言を耳にするかもしれません。

スピリチュアルな覚醒後の“ディープニングプロセス”によって起こる意識の広がりは、仏教で言うところの空になること、そしてマインドフルな状態であるための鍵となります。それは覚醒体験がただのプロセスの始まりにすぎず、それを固め完全に統合するためには長い年月がかかるからです。悟りというのは目的地ではなく、覚醒を経験した人にも自らの内にある真実でないもの(パターンや囚われ、反応など)が意識にのぼってくることに制限はありません。

 

以前私に自分が覚醒しているということの、確認を求めてきた人がいました。その人が書いた、覚醒した人は物理的な体が消えるという文章を最近読みましたが、そのようなことはありません。覚醒によって唯一消えるのは、体とその個人的なストーリーとの同一化であり、それは例えば「これは自分に起こったことだ」、「これは私がしたことだ」、「私はこういう存在だ」などの主張に現れます。自らの覚醒体験、自分がいかに他の人と違うのか、覚醒によって得られた特別な能力、自分がいかに世界に貢献しているのかなどという自慢話をする人は、スピリチュアルエゴの罠にはまってしまっています。

 

スピリチュアルな体験が、覚醒体験をもたらすことはありますが、ほとんどの人にとってそれは真実を一瞥したに過ぎません。完全に覚醒した状態である時に得られる明瞭さやそれを教える能力は、最初の気づきを物理的、精神的、感情的に体に統合していくための、ある程度の発達時間が必要です。

 

完全に覚醒した状態では、どんな時も、真我が瞳の輝きとなって現れます。それは注意深く見たのなら、明らかに分かります。そのキラキラと輝く瞳は、どんな神秘的な経験、いかなる現象(プラーナの強化も含む)や、マントラを唱えたりすること、または聖書を読むことによって引き起こされるわけではありません。それは人生がもたらす、真実でないことを知り手放す機会によって自然に起こることであり、そうすることで真我という制限のない意識からもたらされる叡智と愛が、この世界に現れる手段として、体を通して現れるのです。

 

 

 

A human who has Awakened to the ultimate TRUTH knows the difference between what Truth is and what Truth is NOT. This is the fundamental difference between an Awakened being and someone who remains ignorant, caught in a story of his/her mind’s own making.

 

A Spiritual Awakening is not a physical experience, although some bodies do have energetic changes occur to them as part of the Awakening process. A full Kundalini rising is no more significant to Awakening than a simple shift into clear awareness. I know many people who have had a full Kundalini rising and are not yet Awake — because they view this happening as a uniquely personal experience.

 

How an Awakening occurs is merely another component of the body’s personal story. An actual Spiritual Awakening is a complete shift out of the “experiencer’s” prior perception of the body it inhabits and the world of the senses it once believed to be real . . . nothing more, and nothing less.

 

The only matter of any importance for being Awake is what happens to the ego which controlled the body prior to Awakening. Realizing and discarding the bits and pieces of untruth which begin to be revealed is part of an expansion of Awakened Awareness that I call “the deepening process.”  Deepening the new awareness occurs as the body continues to play its role in its personal story. . . developing capacity to recognize non-Truth when it appears . . . surrendering to “what is” — ­­and in so doing, dissolving its control over the reactions of the body. The role one plays in life will continue to introduce more and more opportunities to expand Awakened Awareness . . . and having an experienced guide for this part of the process can be invaluable.  It is normal for those recently awakened but not sufficiently deepened, to move in and out of being stuck in identification with the body and its personal story about Awakening. Taking advantage of your access to a qualifed Awakened teacher will ease and speed up the process of discarding ego’s influence at this stage of deepening.

 

One (of the many) Misconceptions

 

Being Awake is not about becoming a physical and/or mental zombie, detached from a body that is void of human qualities. In fact, the opposite . . . after Awakening the physical body typically becomes more alive, more human, and more charismatic than it was when its mind had been perceiving its erroneous personal story as reality. Those who, sometime after their Awakening moment, begin acting out their mind’s beliefs about Awakening will incorporate those beliefs into a new expanded story that goes beyond the fiction which was discredited and discarded in that initial Awakening experience . . . only now, instead of the familiar ego-mind acting as director, it has evolved into a spiritual ego — a supposedly “more enlightened” but still fictitious director of the body. When this occurs you will frequently hear statements such as “I know” . . . “I am this . . . I am that,” and other claims (comparisons), which attempt to elevate the credibility of the speaker.”

 

The expansion of awareness, which occurs during “the deepening process” following a Spiritual Awakening, is key to becoming empty and mindful (according to Buddhist texts). That is because an initial Awakening is only the beginning of a process, which could take many years to fully integrate and solidify. Because enlightenment is not a destination, there is no limit to the unconscious misunderstandings which could arise for any particular physical human form whom has experienced an Awakening moment.

 

Contrary to what I have recently read (written by someone who once requested and henceforth claimed my confirmation of her awakened condition), the physical body of an Awakened one does not disappear. The only thing that disappears as a result of a Spiritual Awakening is identification with a body and its personal story, ie:  the claim “this happened to me”. . .  “I did this” . . . ”I am this, etc.”  Anyone who brags about their Awakening . . .  how different they are from others . . . their special gifts as a result . . .  their impact on the world, etc., has been caught in a trap by a spiritual ego.

 

A spiritual experience can, and often does provide an initial Awakening, but for most of us that is merely a glimpse of Truth. Gaining the clarity of full Awakened Awareness (and the ability to teach about it), takes a certain amount of human development time to integrate that realization into the physical, mental and emotional life of the body it has occurred in.

 

In the fully Awakened condition True Self is present and shining through the body’s physical eyes in every moment. This is unmistakeable to any careful observer. These radiant eyes do not happen as a result of mystical experiences, phenomenon of any kind (including enhancement of prana), chanting mantras or scripture reading. It occurs naturally as life brings what is not Truth to be recognized for what it is . . . then discarded . . . so the love and wisdom of True Self (Unlimited Consciousness), can flow through the body as Its way of Being in the world.

Please reload

Featured Posts

The Truth About Satsang

June 18, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

October 20, 2019

August 26, 2019

July 22, 2019

March 21, 2019

March 8, 2019

January 18, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic