​© 2017 Aruna Byers, Awakening Coach

 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

Satsang schedule:  Please make a reservation

   

July 15 (Sun.)   Dendo Juku Ctr., Mita Bldg., Meguro  1:30-3:45   3,000 yen

July 29 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi  2:30-4:45    3,000 yen

August 11 (Sat)   Dendo Juku Ctr, Mita Bldg. Meguro  

August 26 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi

Who Surrenders? 誰がゆだねるの?

February 21, 2016

 

English follows:

真実でないものを手放す方法を指し示すとき、私は時々次のようなフレーズを使います。「あなたの思考と肉体的反応を観察しなさい、そしてそれに完全にゆだねなさい。」

 

この伝え方が、聞き手のマインドに混乱を生じさせました。ですから、今日はこのことについてブログで明らかにしていきます。

 

覚醒が起こると、「わたし」または「わたしに」という個人のアイデンティティは私たちが本当は何者であるかということについての真実ではない、という認識が生まれます。

慣れ親しんだ自己概念、つまり、分離した「わたし」は真実ではないということを認識するのです。

この発見は正確なのですが、次はこの新たな真実を肉体の実際の生活にあてはめていかなければなりません。

 

霊的覚醒が起こった後でさえ、わたしたちの体は個人の「わたし」という役割を演じていく必要があります。

なぜなら、それぞれの登場人物が個人という役を演じ続けています、そして覚醒した者は、覚醒前とかわらずこの役を演じるのですが、この役と自分を同一視することなく演じなければなりません。

映画に登場する役者と同様に、私たちの人間としての現実は、一時的に演じている登場人物としてのペルソナとは違います。そして、わたしたちはその重要な違いによりよく気づいていくのです。

 

登場人物になりきるために、役者はこの登場人物のある特定の特性や振舞いを身につけ、あたかも台本の中に書かれていることが本当に起きているかのように演じるのです。

 

登場人物は、物語の中で起きた状況に対して、適切な反応や行動をとらなければなりません。

たとえば、もし登場人物が映画の中で、ののしられ精神的苦痛を経験しているならば、この状況に合った対処がなされるべきです。

 

覚醒前の私たちの日々の生活では、肉体はこの物語の中で演じている役と自らを同一視しています。

そしてこの同一視は、この役の持ち合わせている信念や行動がディープニングのプロセスをへて削げ落ちるまで続きます。

それは、覚醒前の世界を見る見方にしがみつく代わりに、「わたし」のその部分が真我にゆだねつづけなければならないということです。

毎回毎回委ねていく度に、エゴの二元的な、エゴが用意した世界のとらえかたを、ひとつひとつ手放していきます。

 

ディープニングはどうやって進むか:

体や無意識の思考の中に根差している行動や信念や反応が起こるとき、真我は自己観察を通してそれを認識します。

なんであれ、起こることに直面するということは、とらわれている感情もしくは行動を、この気づきの瞬間においてそれを解きほぐすことにつながります。

そして、このことがなされるたびに、エゴの物語がひとつまたひとつと手放されていくのです。そしてあなたの人生は真実により、さらに強化されます。

 

私の人生に起こった二つの例:

その一:覚醒前の私はごく親しい人々から裏切られるという人生のパターンを持っていて、そのことが起きるたびに自分を被害者として認識していました。

これらの裏切り行為は、私の覚醒後も長きにわたって続きました。

私は起こっている出来事に対して以前と比べてよりクリアな理解を持っていたにもかかわらず、この体は反応し、被害者であるという感情にとらわれるということが起きました。

やがて、気づきをとおしてそれらを扱っていくうちに、犠牲者としてのシナリオにとらわれることはもはやなくなっていきました。

それぞれの物語が起こるとき、それに対して「私が私にこれをしている」、それは完全に体験するということを避けてきたがために体にとらわれてしまった感情にダイブし感じきるための機会である、という見方になりました。

裏切った相手に対して、抗議したり攻撃したり、もしくは大声で叫ぶ代わりに感情を感じ手放していくことを許すことによって委ねることができたのです。それはつまり、感情の中でリラックスし、状況を受け入れ、内なる静けさに戻っていくことができるようになりました。内なる静けさは、物語についての思考が無視されているときには、いつでもそこにあるのです。

 

委ねるものは、いまだ抵抗し人生の状況に反応している「わたし」なのです。

ディープニングのプロセスが進むにつれ、「わたし」を維持しようとするあらゆるものが状況の真実に委ねられます。それは、メンタルなプロセスとは違います。

マインドは他からのどんな説明も謝罪も必要としていません。 抵抗するエゴがなくなるまで、それは与えられたどんな状況においても、ただそのポジションを明け渡す必要があるだけです。

 

その二:自動車事故と市販の鎮痛剤に対して身体が反応した結果、この身体が病院に行かなければならないことが明白となりました。

エゴは、病院に行かない理由の長いリストと、行くことを避けることができそうにないようだとなると、たくさんの感情の反応をもって「病院のシナリオ」に強く抵抗しました。

わたしは、この「わたし」の残滓は、手放される為に気づきに現れているのだとわかっていましたが、それが肉体や精神的苦痛を和らげることはありませんでした。

この出来事は多くの無意識のプログラムを手放すための大きなディープニングの機会となりました。真我ではなく、エゴが代わりにことに臨んでいたとしたら、医療に対する否定的な態度をとり続けたことでしょう。そして、引き続き語られていく私の物語の中で「反対する」という態度をより強く塗り固めていくことになったでしょう。

 

たとえあなたがエゴの存在の作り話に気づいていても、それが気づきの中に持ち出され、扱われ手放されるまでは体や無意識の思考の中にエゴの物語の信念や行動はいまだに

存在しています。

ですから、覚醒の最初の一瞥だけでエゴがすべてなくなるという信念にとらわれないでください。

それは、肉体的に不可能なことです。

 

エゴの虚偽に気づいている「あなた」は他でもない真我なのです。真我は真の私でないものを消し去るのではなく、ただ目撃しているのです。

真の私でないものよって演じられる役柄は真我の気付きの中に持ち出され、完全に手放されるまで何度も何度もゆだねられます。

悟りに到達しそれが安定化するためには、この虚偽の物語は完全に消え去らなければならないのです。

これは、肉体の人生からエゴの残滓を取り去るためにつねに進行していくプロセスなのです。一生続くこともあります。

ゲームをたのしんでください。

何が真我にそぐわないのか認識し手放していくことは、エゴがあなたの時間や注意を集めるために用意した経験よりもずっと楽しいのですよ。

来世ですら、今世でやり残ししまった「空っぽにするゲーム」をする必要があるのです。

真我に導かれた恐怖のない人生は、はるかに楽しく価値のあるものです。

 

Who Surrenders?

 

In pointing the way to letting go of what is false, I sometimes use the phrase “observe your thoughts and physical reactions, then surrender completely to what is.”  This statement has created some confusion in the minds of some of my listeners, so I will use this blog to clarify.

 

When a Spiritual Awakening occurs, there has been a realization that the individual identity we call “I” or “me” is a false concept about who we actually are. What has been realized is that there is no reality to our familiar self concept, the separate “I.” The discovery is accurate, but now this new Truth must be applied to the physical life of the body that has realized it.

 

In this daily movie we play out, and have been scripted together in, our bodies are still required to maintain the pretense of a personal  “I” . . . even after the spiritual awakening. Because each cast member continues to play the role of an “individual,” those of us who have Awakened must now do so without identifying with this role, as we did prior to Awaking. As with all the actors we see on a movie screen, our “reality as human being” is not the same “persona” as the character we temporarily portray, and we are becoming well aware of this significant  difference.

 

To get “into character” an actor must take on certain traits and behaviors, and play the role as if everything happening in the script is real. Reactions and responses the  character expresses must be appropriate to the circumstances happening in the story,  i.e. if the character is being taunted and tormented in the movie, the response must be appropriate to this kind of treatment. 

 

In our daily lives prior to an Awakening, our physical bodies were identified with the roles they were playing, and so, some momentum is there to continue that identification until the beliefs and attitudes these roles included has been eliminated during the “deepening” process. It is that part of “I” which must continually surrender to “what is” instead of holding on to its scripted, pre-awakened view of the world. Each and every occasion of surrendering dissolves another piece of ego’s dualistic, scripted view of the world.

 

How deepening proceeds

Self-observation by the True Self recognizes the attitudes, beliefs and reactions still residing in the body and/or unconscious mind, as they arise. Facing whatever shows up is what allows a trapped emotion or attitude to unwind itself during a moment of awareness. Each time this is done, a piece of ego’s story dissolves, and your life becomes energized with Truth.

 

Two examples from my experience:

First:  Prior to awakening my personal history included a pattern of betrayals from people I felt close to, and whenever it happened I considered myself a victim. These betrayals continued to happen long after my awakening. Even though I had a clearer understanding of what was happening this body still went into reaction, trapped in this interplay of all the emotions associated with being a victim. Eventually, as awareness continued to deal with them, it no longer got caught up in the victim scenario. Each story could now be seen as “me doing this to me,” an opportunity to dive in and feel emotions which had been trapped in the body because I had avoided the full experience and its completion. By allowing them to be felt and released instead of protesting, attacking, or even calling-out my betrayers, I was able to “surrender,” which is characterized by relaxing into the feelings, accepting the circumstances, and returning to inner stillness which is always present and available when thoughts about the story are being ignored.

 

That which surrenders is the “I” that still resists and is in reaction to life’s circumstances. As the deepening process proceeds, whatever remains of this “I” is surrendering to the Truth of the situation. This is not a mental process. The mind does not need any explanations or apologies from “others,” it just needs to let go of its position about any given situation; until no resistive ego-mind is left.

 

Second: As a result of a car accident and a physical reaction to some over-the-counter pain medication, it became obvious that this body had to go to the hospital.  What remained of ego strongly resisted the “hospital scenario,” with a long list of reasons not to go, and a lot of emotional reactions when it appeared unavoidable. I knew that these remnants of “I” were being brought into awareness to be dealt with and released, but that didn’t make the physical or emotional pain any easier to deal with. This incident was a very big deepening opportunity, as it allowed for many unconscious programs to be triggered and released. My (ego’s) alternative would have been to remain positioned in those negative attitudes against the medical establishment, thereby reasserting the attitude “of against” in my ongoing personal story.

 

Even though you have realized the fiction of ego’s existence, the beliefs and attitudes of that ego story remain in the body and unconscious mind until it has been brought to awareness, dealt with and released. So don’t get caught in a belief that your initial awakening has completely dissolved every bit of ego.  That is a physical impossibility.

 

The “you” that realized the falseness of ego is none other than True Self. True Self is not an eraser of the false self, just a witness of it.  The character being played by the false self must still be brought into True Self awareness . . . and surrendered to by the false self . . .  over and over again, until it is fully released. All the bits and pieces of the false story must be gone for full enlightenment to be established and stabilized. This is an ongoing process, which can take the remainder of a body’s lifetime. Enjoy the game. Recognizing and releasing what does not fit with Truth is more fun than any worldly experience your ego might invent to occupy your time and attention; and your next “lifetime” would still have the necessity of this “emptying game” left to play anyway. A human life without fear, one guided by Truth, is far more enjoyable and rewarding.

 

 

 

Please reload

Featured Posts

The Truth About Satsang

June 18, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

October 20, 2019

August 26, 2019

July 22, 2019

March 21, 2019

March 8, 2019

January 18, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic