​© 2017 Aruna Byers, Awakening Coach

 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

Satsang schedule:  Please make a reservation

   

July 15 (Sun.)   Dendo Juku Ctr., Mita Bldg., Meguro  1:30-3:45   3,000 yen

July 29 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi  2:30-4:45    3,000 yen

August 11 (Sat)   Dendo Juku Ctr, Mita Bldg. Meguro  

August 26 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi

Surrendering to True Self 真我に委ねる

June 17, 2015

 

 

Letting go of the domination of ego-mind begins with realizing the difference between the voice of ego and the clear, quiet voice of our True Self. In the first stage of surrendering to True Self we engage in observing the workings of the ego-mind as it controls the body. By ignoring the ego-mind’s chatter we can witness its instructions and behavior controls as they appear, without being caught up in the dramas it prescribes. That takes a vigilant cognitive mind and this part of mind is not an adversary but can be used as an important component for the deepening process. Without a supportive cognitive mind there is no faculty that can recognize and let go of what does not fit with Awakened awareness.

 

What is there to recognize and release? Here’s a useful list to begin with: There are the familiar thought streams of the personal story, which include a litany of instructions, opinions, judgments, and fantasies about past, present and future. Subject to the control of the ego-mind, we develop our personal attitudes and emotional reactions from which come our resistance, desires and attachments to away of life[S1] , and all the unconscious beliefs about how we should be in the world. But none of this story based fictional reality is needed for an optimally functioning mature human life.  Witnessing and cutting ties to this endless streaming story is key.

 

Witnessing and releasing are different from our usual mode of having an experience and denying that experience. The very act of witnessing sends a statement to our True Self (consciousness), that we are ready, willing and able to turn our lives over completely to our creator and guide of choice — True Self.  The detachment from what is observed is one of the characteristics of witnessing that facilitates the opportunity to choose, and it is this choosing of True Self over the stream of stories that is the second stage of surrender.

 

Having freedom of choice is part of our human experience for an important reason: so we can expand our consciousness by learning to choose love over every other available option. The surrender of choosing the voice of True Self over the voice of ego is key to the expansion of our consciousness away from the imaginary stories of the ego-mind.

 

Here are some possible scenarios where good opportunities for surrender to True Self can be found: whenever we are challenged with something uncomfortable, such as ill health, a natural disaster, a man made one, or the cruelty in any form from actions that harm ourselves or others — can we let go of our ego’s point of view about these things and be still and centered enough to offer love to ourselves and those who have been drawn into the situation—including the perpetrators[S2] ? That is exercising the choice that will take us beyond ego, so we can live in a body directed by our loving True Self.

 

Free will gives us the opportunity to choose love. Being love in the world is being beyond choice, because without ego’s identity as a person there ceases to be a chooser. Surrendering ego’s ideas, opinions and attitudes to our True Self in every circumstance is what finally dissolves the control of ego-mind.

 

Letting the ego-mind know it is no longer wanted or needed is the beginning of a process that may last a long time (it takes as long as it takes), but it’s also a fun process, certainly nothing to be concerned about. It will provide many opportunities for you to laugh when catching ego-mind in the act. Choosing love in every situation is Self- surrender. It is ego-mind surrendering to True Self, which is necessary if ego is going to eventually merge with the heart.

 

 

 

自我(エゴ)/マインドの支配を手放すことは、自我の声と、明晰でおだやかな真我の声との違いに十分に気づくことから始まります。真我に委ねる第一段階として、私たちは、エゴ/マインドがこの身体をコントロールする仕組みを観察します。エゴ/マインドが用意したドラマにはまり込むことなく、エゴ/マインドのおしゃべりを無視することによって、私たちは、エゴ/マインドによる指令や行動の制御を目の当たりにする(目撃する)ことができるのです。そのためには、たえず、たゆまず、わかっているマインドが必要です。また、マインドのこの部分は、敵ではありません。むしろ、覚醒を深めていくディープニングのプロセスにおいて、重要な役割を果たす存在となり得ます。協力的で、わかっているマインドなしには、私たちには、覚醒した意識にそぐわないものをそれと知り、手放していくことができる能力はありません。

 

それと知って手放していく必要のあるものとは、どのようなものでしょうか。手始めに、役に立ちそうな例を挙げておきたいと思います。個人の物語に関する、たえまなく流れてくるお馴染みの思考の数々。その中には、しつこいほど繰り返される注意や指図、意見、判断、そして現在過去未来に関する空想が含まれます。エゴ/マインドの制御下で、私たちは個人的態度や感情的な反応を発展させます。そして、それがあるが故に、抵抗したり、欲しがったり、ある生き方に愛着を持ったり、あるべき姿に関するあらゆる思い込みを無意識に持つようになったりするのです。しかし、最適に機能する成熟した人生を送るためには、今挙げた個人の物語に基づく虚構の現実は、なにひとつ必要ではないのです。延々とつづき、絶え間なく流れていく物語をしっかりと目にして、それとのつながりを断ち切ることが、鍵となります。

 

目にして(目撃して)手放すということは、ある体験を持った後にその体験を否定してかかる通常の方式とは違います。ただ目にするというその行動そのものが、私たちの真我(意識, consciousness)に向かって宣言することになるのです。自分は準備ができており、私たちの創造主にして選択の導き手である真我に、自ら進んで自分の人生を、完全に委ねることができると、伝えることになるのです。観察されるものから距離があるということが、目にする(目撃するwitnessing)ことの特徴の一つです。だから、選択の機会を活かすことができるのです。そして、そのように、汲めども尽きない物語よりも真我を選んでいくことが、委ねることの第二段階となります。

 

選択の自由があるということは、私たちの人としての体験の一部であり、それにはとても大切な理由があります。つまり、他にも選択の余地があるときに、必ず愛を選ぶように学んでいくことにより、私たちは意識を拡大させていくことができるのです。委ねるという、自我(エゴ)の声よりも真我の声を選ぶということは、エゴ/マインドの織りなす架空の物語から離れて、私たちの意識を広げて行く鍵なのです。

 

真我に委ねる良いチャンスの例として、次のようなことが考えられます。健康問題、自然災害、人為的問題による被災、あるいは、どのようなかたちであれ私たち自身を痛めつける、もしくは他の人々を傷つけるような残酷さなど、なにかしらの不快さを覚えるようなことに見舞われたとします。そうしたら、いつ如何なるときも、そうした出来事についての自我の見方を手放して、しずかに中心にいることができるでしょうか。つまり、自分自身に、そして、加害者をも含めて、その出来事に自分を引き込んだ人々に愛を差し伸べられるほどには、中心にいられるでしょうか。それは、私たちを自我を超えたところへといざなう選択を下すことです。そうすることで、私たちは、愛に満ちた真我の導きにより、身体を持ち、身体の中に在り、生きていくことができるのです。

 

自由意志のもとに、私たちは愛を選ぶチャンスに恵まれます。この世界において愛であるということは、選択を超えているということです。なぜなら、人としての自我のアイデンティティ(同一化)がなければ、もはや選択者たることはなくなるからです。自我の考えを、見解を、態度を手放して、あらゆる状況において私たちの真我に委ねるということは、ついにエゴ/マインドのコントロールを解き落とすということです。

 

エゴ/マインドに、もはや必要とされることはないのだと知らせることが、プロセスの始まりです。そのプロセスは、必要なだけ続きます。長きにわたり続くこともあります。しかし、それは楽しいプロセスでもあります。なにも心配する必要がないことは確かです。その過程で、エゴ/マインドが手を出してきた、まさにその現場をおさえたときには、思わず笑いがこぼれることも多いです。あらゆる状況において愛を選択すること。それが、真我に委ねるということです。それは、エゴ/マインドが、すべてを真我に委ねるということであり、エゴがやがてはハートに融け合っていくことになるのなら、必要なことなのです。

 

Please reload

Featured Posts

The Truth About Satsang

June 18, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

October 20, 2019

August 26, 2019

July 22, 2019

March 21, 2019

March 8, 2019

January 18, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic