​© 2017 Aruna Byers, Awakening Coach

 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

Satsang schedule:  Please make a reservation

   

July 15 (Sun.)   Dendo Juku Ctr., Mita Bldg., Meguro  1:30-3:45   3,000 yen

July 29 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi  2:30-4:45    3,000 yen

August 11 (Sat)   Dendo Juku Ctr, Mita Bldg. Meguro  

August 26 (Sun.)  Kyobashi Kuminkan, Kyobashi

Desire 欲する気持ち

April 25, 2015

Whenever we find ourselves longing for something different than what we already have, this is the play of ego.  It creates self-talk like “I won’t be happy until this happens, or this circumstance must change.”  It judges the current situation, calling it “bad” or “not good enough,” and then comes up with an alternative it considers better, but it has no idea whether the alternative really would be better or is even possible.

 

I cannot count how many times clients have told me “I will never be happy until I get married, have a child, have a certain amount of money in the bank, move to a nicer house, etc. This way of thinking is how ego keeps us stuck in the cycle of suffering.

 

Negative thinking radiates a low vibration, whether we speak those thoughts aloud, or not. Instead of changing what we are against to what we want, they actually attract to us more of what we don’t want.

 

Desire comes from an arrogant ego. When we desire something different than what we presently have ego is actually saying to our divine nature, “I know better than you, and I don’t like what you created for me.” In truth, if you were to examine the unwanted circumstances more carefully and with honesty, you would discover that you, yourself created them for you; for the exact purpose of teaching yourself how ego keeps you in its trance.

 

Desire naturally leads to suffering, If you want to break free of suffering you must be willing to let go of ego’s insatiable, never ending list of desires. Choose instead to appreciate and celebrate what you already have. In this way you will not only get off the cycle of suffering, you will be making a big love donation to mass consciousness.

 

Papaji often said, “Have only one desire, let that be the desire for *Freedom.” Once freedom is yours, you will no longer suffer from unfulfilled desires. If your preferences are not met, you will be totally ok with this and grateful for whatever has shown up instead. In the big picture, absolutely everything has a positive purpose, even if it looks like doom and gloom from the ego’s point of view.

 

* The Freedom Papaji is referring to is liberation from the illusion of duality.

 

  

自分が持っているのとは、どこか違うものが欲しくてたまらないというときは、エゴが働いています。エゴは、「こうなるまでは絶対に幸せにはなれない。そうならないなら、この状況が変わらなくてはならない」などというひとり言を洩らします。また、現状に判断を加えて、「ダメだ」とか「マダマダだ」と決めつけて、エゴが良いと思う代替案を持ち出します。しかし、その案の方が本当に良いのかどうかなど、そもそも可能なのかということですら、エゴには分からないのです。

 

私自身、これまでに、「○○までは、絶対幸せになれないんです!」と、相談を持ちかけられたことが数え切れないほどあります。「○○」には、「結婚する」、「子どもができる」、「お金がたまる」、「もっといい家に引っ越す」他、いろいろなことが入ります。これは、私たちを苦しみの輪の中につなぎとめて放さなくさせるエゴの考え方です。

 

声に出すかどうかには関係なく、否定的な思考は、低い波動を発します。その波動は、欲しくないものを欲しくなるようなものに変えるというより、むしろ自分の方へ、欲しくないものを引き寄せるように働きます。

 

欲望は、傲慢なエゴから生じます。私たちが、現在持っているものとは違うものを欲しいと思う時、エゴは「わかってないなあ。これじゃダメだっていうのが分からないかなあ(こんなことを創り出してくれても嬉しくないのに)」と、私たちの聖なる本質に向かって言っているのです。本当は、自分にとって嬉しくない状況を、もっと注意深く、正直に掘り下げてみたならば、その状況を作り出していたのは自分自身であったことに気づくはずなのです。それはまさに、自分がエゴによって何もわからない状態につなぎとめられているのだということを、自分に教えるために、自分自身が創り出した状況なのです。

 

欲望は、当然、苦しみに結びつきます。苦しみから解放されたいのなら、とどまるところを知らないエゴからくる欲しいものリストを、自ら進んで手放さなくてはなりません。その代わり、すでに持っているものをありがたい、持っていて良かったと喜ぶことを選ぶのです。そうすれば、苦しみの連鎖から自由になるだけでなく、大きな愛を集合意識に寄付することになるのです。

 

パパジはよく、「欲望を持つのなら、ひとつだけにしなさい。自由*への欲望だけに」と言われました。ひとたび自由が我がものとなったなら、満たされない欲望に悩まされることはなくなります。希望通りにならなくても、そのままで完全に満たされます。そして、何であれ、代わりに現れるものに対する感謝を覚えます。大局的に見れば、あらゆることにポジティブな目的があるのです。たとえそれがエゴの視点からすると、この世の終わりの真っ暗闇に、見えるものなのだとしても。

 

*パパジの言う「自由」とは、二元性の幻想から解放されて自由になるということです。

 

 

Please reload

Featured Posts

The Truth About Satsang

June 18, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

October 20, 2019

August 26, 2019

July 22, 2019

March 21, 2019

March 8, 2019

January 18, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic